東電、沖縄除く全国で電力販売 家庭向け、受け付け開始

 東京電力ホールディングスの子会社で小売事業を手掛ける東京電力エナジーパートナー(東京)は12日、北海道、北陸、中国、四国エリアで家庭向け電力の販売を始めると発表した。13日から申し込みを受け付ける。既に中部、関西、東北、九州エリアには進出しており、沖縄を除く全国での展開となる。

 大手電力が家庭向け電力を全国販売するのは初めて。東電は首都圏での競争激化で新電力に顧客を奪われており、新規顧客の獲得や首都圏から転出した利用者のつなぎ留めを狙う。

 東電は、競合相手となる地元の大手電力より3%程度安い料金で提供する。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る