富士フイルム、過去最高益へ 富士ゼロ完全子会社化で

 富士フイルムホールディングスは12日、富士ゼロックスを完全子会社化したことを受け、2020年3月期連結決算の純利益見通しを従来予想より70億円高い1620億円に上方修正した。通期としては過去最高となる見通し。

 富士フイルムは今月5日、米ゼロックスが保有する富士ゼロックス株25%分を買い取り、完全子会社化すると発表。8日に手続きを完了した。これまで米ゼロックス側に計上されていた富士ゼロックスの利益の一部も富士フイルムが取り込むことで、利益が膨らむ見通しとなった。

 売上高見通しについては、円高などで従来予想より450億円低い2兆4350億円に引き下げた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る