東芝、親子上場の解消を決定 プラントなど3社、2千億で取得

 東芝は13日、東芝プラントシステムと西芝電機、ニューフレアテクノロジーの上場子会社3社を完全子会社化する方針を決めた。親子上場を解消し、経営の一体化を進める狙い。取得金額は合計で2千億円前後になる見通し。同日午前の取締役会で決定した。午後に発表する。

 東芝は3社に対して株式公開買い付け(TOB)を実施し、株式の保有比率を100%に引き上げる方針。

 親会社と子会社がそれぞれ株式を上場する親子上場を巡っては、親会社が支配的立場を利用し、少数株主に不利益を与える可能性があるといった問題点が指摘されている。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る