東証反落、200円安 割高感から利益確定売り

東証反落、200円安 割高感から利益確定売り

 13日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。最近の相場上昇で割高感が生じ、当面の利益を確定する目的の売り注文が優勢になった。終値は前日比200円14銭安の2万3319円87銭で、1週間ぶりの安値を付けた。

 東証株価指数(TOPIX)は7営業日ぶりに反落し、9.34ポイント安の1700.33。出来高は約12億1500万株。

 平均株価は前日に節目の2万3500円を超えて取引を終えており、反動で13日は朝方から多くの銘柄が売られた。低調な決算を公表した銘柄が目立ち、投資家心理を冷やした。

 円相場は円高ドル安基調で、製造業の業績拡大期待が後退した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る