コクヨ、ぺんてるを子会社化 株式過半数取得で協議停滞打開へ

コクヨ、ぺんてるを子会社化 株式過半数取得で協議停滞打開へ

 コクヨは15日、文具大手ぺんてる(東京)の株式を買い付け、子会社化すると発表した。ぺんてる株を37.80%保有しているが過半数の50%超に増やす計画。コクヨは今年9月、ぺんてるの筆頭株主になったと発表。両社の提携を前進させるため協議を始めることでも合意していたがその後の協議は難航。子会社化することで局面を打開したい考えだ。

 東京都で記者会見したコクヨの黒田英邦社長は「提携協議中にぺんてる側が第三者との資本提携を進めていると匿名の情報提供があった」と説明。株主らへの悪影響を避けるため、ぺんてるの子会社化を決めたと理解を求めた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る