日産米法人が45万台リコール 火災の恐れ、日本は対象外

 【ニューヨーク共同】日産自動車の米国法人は15日、ブレーキオイルが漏れて火災になる恐れがあるとして、世界で計45万4055台をリコールすると発表した。対象の9割超が北米の車で、日本は対象外という。

 急ブレーキ時のスリップを防ぐアンチロック・ブレーキ・システム(ABS)の関連部品に欠陥があり、ブレーキオイルが漏れて出火する恐れがある。

 対象は2015〜18年型のスポーツタイプ多目的車(SUV)「ムラーノ」や16〜18年型のセダン「マキシマ」など。地域別では米国とカナダが計43万6858台、中東が7946台を占める。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る