富士通、手のひら認証販売拡大へ 顔・指紋と併用も

富士通、手のひら認証販売拡大へ 顔・指紋と併用も

 富士通は18日、独自の手のひら静脈認証の技術を活用し、企業向けなどに新たな本人確認システムの販売を始めたと発表した。業務用パソコンのログインやオフィスの入退室、出退勤管理などに使える。関連機器やシステム構築なども含めて今後3年間で150億円の売上高を目指す。2020年度には海外でも展開し、販売拡大を図る。

 手のひら静脈認証は、体内の血管を感知する方式のため、顔認証などに比べてなりすましなどが困難で安全性が高いとされる。今回発売したシステムでは、企業の既存の業務システムに富士通のソフトを組み込むことで認証方式を手のひら認証で統一することが可能だ。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る