東京円、108円台半ば

 20日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=108円台半ばで取引された。

 午前10時現在は前日比10銭円高ドル安の1ドル=108円56〜57銭。ユーロは前日と同水準の1ユーロ=120円27〜31銭。

 米中貿易協議の先行きへの警戒感から、相対的に安全資産とされる円を買ってドルを売る動きが優勢だった。米下院に続き、上院も「香港人権・民主主義法案」を可決したことから、米中対立の激化が懸念された。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る