対韓輸出規制の見直しを否定 梶山経産相「管理責任果たす」

 梶山弘志経済産業相は22日の閣議後記者会見で、半導体材料の対韓輸出規制強化に関し「軍事転用の可能性がある貨物や技術移転を適切に管理することが求められている。引き続き責任を果たしていきたい」と述べ、現状では見直す考えがないことを改めて強調した。

 日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の失効が23日午前0時に迫る中、韓国政府は日本に対し、輸出規制撤回が破棄取りやめの条件になると主張している。梶山氏は「韓国側に賢明な対応を求めている」とし、再考に期待感を示した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る