自治体店、売上額1億円以上6割 都内、地域活性化センター集計

 全国の自治体などでつくる地域活性化センターは3日、東京都内にある独立型の自治体アンテナショップ60店のうち、6割は2018年度の売上額が1億円以上だったとの集計結果を発表した。店舗運営では、訪日客への対応や会員制交流サイト(SNS)の活用が進んでいた。

 集計は今年4月1日時点で営業していた店舗が対象。39店は道県、21店は市区町村が設け、特産品などを販売していた。売上額10億円以上は「北海道どさんこプラザ有楽町店」(北海道)、「ひろしまブランドショップTAU」(広島県)の2店。5億円以上7億円未満は岩手、宮城、新潟、鹿児島、沖縄各県が設けた5店舗だった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る