日韓両政府は16日、輸出規制を巡る局長級会合を東京都内で3年半ぶりに開き、有効な貿易管理を両国が進めることで一致した。梶山弘志経済産業相は記者団に対し、会合開催は「一つの進展だと思う。今後対話を重ねて(規制見直しなどを)判断する」と述べた。日韓は懸案解決に向けた対話を今後も続け、次回会合を早期にソウルで開くことで合意した。

 ただ法整備や人員の確保など具体的な貿易管理の在り方について、両国の主張は依然隔たりがあり、今月下旬に調整されている日韓首脳会談での早期打開は見通せない。梶山氏は、輸出規制強化措置の撤回に向けた具体策に言及しなかった。