民間調査会社MMDラボ(東京)は20日、昨年10月の消費税増税に伴うポイント還元事業の開始後、キャッシュレス決済の利用頻度が増したり、新たに使い始めたりした人が合わせて4割超に上るとの調査結果を発表した。同社は「現金を使わない決済手段が生活に浸透し始めている」としている。

 調査は昨年12月、ビザ・ワールドワイド・ジャパンとともにインターネットを使って5万人を対象に実施した。利用頻度が増したのは39.3%、新たに使い始めたのは3.1%だった。変わらないは39.4%、使ったことがないは17.0%となった。