くら寿司は21日、年内に中国の上海に初出店すると発表した。海外展開は米国、台湾に次ぐ3地域目となる。中国への進出などを通じ、2030年には国内外の店舗数を現在の約500店から千店まで倍増する。売上高は3千億円を目指す。

 田中邦彦社長は東京都内で記者会見を開き「くら寿司をマクドナルドのような世界的な外食チェーンにしたい」と強調した。今後、東南アジアへの進出も検討していることも明らかにした。

 海外事業の強化に合わせて世界共通のロゴも導入する。ユニクロのロゴも手掛けたクリエーティブディレクターの佐藤可士和氏が監修した。