トヨタ自動車とSUBARU(スバル)の労働組合が12日、経営側に春闘の要求書をそれぞれ提出し、自動車大手の労使交渉がスタートした。