【ニューヨーク共同】肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大で、欧米のシンクタンクや大手金融機関が2020年の世界経済の実質成長率予測を相次いで引き下げた。悪影響は02〜03年に中国から流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)を上回るとの見方が広がっている。

 英調査会社オックスフォード・エコノミクスは中国の生産活動停止などを理由に0.2ポイント引き下げ2.3%に修正した。

 米金融大手ゴールドマン・サックスは押し下げ幅を0.1〜0.2ポイントと分析。JPモルガン・チェースは20年1〜3月期に0.3ポイントポイントとした。