航空機部品を輸送する米航空機大手ボーイングの大型輸送機「ドリームリフター」が12日、中部空港(愛知県常滑市)で報道陣に公開された。膨らんだ胴体が特徴で部品を積み込む際、機体後部がぱっくりと水平に開く。中部地域で生産するボーイングの中型旅客機787の部品を運ぶ。

 ドリームリフターはボーイングの大型旅客機747の改造機で、長さ約72メートル、高さ約22メートル。世界で4機運航しており、中部空港には週6便が来て、中部地域で3割以上生産する787の胴体などの部品を米国の組立工場に輸送している。