【ニューヨーク共同】12日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日からの上げ幅は一時、250ドルを超え、取引時間中の最高値を更新した。中国で新型コロナウイルスの感染者数の伸びが鈍化しているとの見方から経済の先行き懸念が和らいだ。

 午前10時現在は前日比242.55ドル高の2万9518.89ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は52.02ポイント高の9690.96。