かんぽ生命保険は14日、2019年4〜12月の個人保険の新規契約数が前年同期比52.1%減の63万件だったと発表した。保険不正販売を受け、販売委託先の日本郵便とともに19年7月から営業を自粛していることが響き、半減した。

 営業自粛に伴うコスト減少が短期的に利益を押し上げるものの、新規契約の大幅な落ち込みは将来の成長に向けてマイナス要因となる。

 かんぽ生命が同時に公表した19年4〜12月期連結決算は、純利益が19.0%増の1150億円だった。不正販売で顧客が被った不利益を解消する対応の費用として40億円を計上した。