【ワシントン共同】新型コロナウイルス感染拡大の影響で株価が暴落する前に、米上院情報特別委員長のバー議員(共和党)ら複数の共和、民主両党議員が保有株を売却していたことが分かった。ニューヨーク・タイムズ紙など複数の米メディアが20日までに伝えた。

 政治資金の監視団体からは政治倫理上「強い懸念がある」との声が上がり、保守系メディアの有名キャスターがバー氏の辞任を求めるなど波紋が広がっている。

 バー氏と同時期に株式を売却したことが判明した上院議員はファインスタイン(民主党)、レフラー、インホフ(いずれも共和党)の各氏。