IT大手サイバーエージェントが運営する会員制交流サイト(SNS)で、犯罪を行う恐れがある危険人物を人工知能(AI)が発見し、事前に警告する仕組みを導入することが21日分かった。悪質な場合は利用を停止する。