先進国に新興国を加えた主要20カ国・地域(G20)は23日夜、財務相・中央銀行総裁による緊急電話会議を開き、新型コロナウイルスの流行に各国が連携して対応することを確認した。麻生太郎財務相は会議後に記者会見し「(G20で)万全な態勢を取っていく」と述べた。

 主要国が協調姿勢を打ち出すことで、混乱する金融市場の安定化を目指す。麻生氏は、経済が悪化している新興国や途上国に対し、国際通貨基金(IMF)など国際機関が支援するよう要請したことも明らかにした。