トヨタ自動車とNTTが資本提携する方針を固めたことが24日、分かった。相互に2千億円規模を出資する方向で調整している。先端技術を駆使して街全体をインターネットでつなぐ「スマートシティー構想」で連携するとみられる。トヨタとNTTの両社長が同日午後、東京都内で記者会見を開く。

 自動車業界と通信業界は、自動運転や第5世代(5G)移動通信システムの次の規格「6G」も含め、次世代技術を巡る競争が激しさを増している。それぞれの業界の国内トップ企業が得意分野の知見を出し合い、世界的に開発が活発化するスマートシティー構想の実現を加速させたい考えだ。