24日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は、大幅続伸した。終値は前日比1204円57銭高の1万8092円35銭で節目の1万8000円を7営業日ぶりに回復した。終値の上昇幅としては約4年半ぶりの大きさで歴代9位だった。新型コロナウイルスの感染拡大による経済の一段の悪化を防ぐため、日銀や公的年金の運用主体が相場を継続的に買い支えるとの期待感が広がった。

 週明け23日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均終値は前週末比582.05ドル安の1万8591.93ドルと約3年4カ月ぶりの安値水準だったが、東京市場への影響は限定的だった。