インターネット証券大手の松井証券は25日、松井道夫社長(67)が退任し、和里田聡専務(48)が昇格する人事を発表した。松井氏は経営の一線を退き、顧問に就く。トップ交代は1995年以来25年ぶりで、創業家以外の就任は初めてという。6月の株主総会後の取締役会で正式決定する。

 株式売買の手数料競争の激化や顧客の高齢化進展などの環境変化を踏まえ、新体制で経営基盤を強化する狙いがあるとみられる。松井社長が東京都内で記者会見し、交代理由を説明する。

 和里田 聡氏(わりた・あきら)一橋大卒。松井証券常務などを経て19年4月から専務。東京都出身。