ソニーは27日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、テレビや半導体などエレクトロニクス部門を中心とした全国の社員約2万人を原則、在宅勤務にしたと明らかにした。4月末までの予定。これまでは推奨にとどめていたが、26日夜に社内通知を出して対応を強化した。

 4月1日に入社する新入社員も入社後1カ月程度は自宅待機とする。インターネットを介した形などで研修を行うことを検討している。

 ソニーは本社で実施する予定だった入社式を取りやめることも既に決めている。