富士フイルムホールディングス(HD)は9日、新型インフルエンザ治療薬「アビガン」について、米国で新型コロナウイルス感染症の患者に投与する臨床試験(治験)を開始すると発表した。近く投与を開始し、有効性や安全性を確認する。

 試験はブリガム・アンド・ウイメンズ病院など米国のマサチューセッツ州にある3施設で行う。感染が広がっている米国での早期承認を目指す。

 アビガンは傘下の製薬会社「富士フイルム富山化学」(東京)が開発。インフルエンザウイルスの増殖を抑える効果があり、新型コロナに対しても同様の効果が期待されている。