日本工作機械工業会が9日発表した国内工作機械メーカーの3月の受注総額(速報値)は、前年同月比40.8%減の773億円だった。新型コロナウイルス感染症の影響拡大などを受け、企業の設備投資意欲が低下したことが響いた。前年同月水準を下回るのは18カ月連続。3月としては2010年以来、10年ぶりの低水準となった。

 内訳は、内需が36.5%減の342億円、外需が43.8%減の431億円だった。自動車の設備意欲の低下が目立ったという。

 新型コロナの影響で、世界各国で移動が制限されており、各メーカーの営業活動にも支障が出ている。