日本航空が30日発表した2020年1〜3月期連結決算の純損益は、前年同期の442億円の黒字から229億円の赤字に転落した。新型コロナウイルス感染拡大による国内外の旅客急減が直撃し、経営破綻を経て12年に再上場して以降、初の四半期赤字となった。1〜3月期は日航としのぎを削る大手ANAホールディングスも赤字に沈んだほか、航空機メーカーの業績も急下降しており、世界的な航空不況が鮮明になった。

 日航の通期決算となる20年3月期の売上高は、前期比5.1%減の1兆4112億円、純損益は64.6%減となる534億円の黒字だった。21年3月期業績予想は開示を見送った。