大手百貨店4社が1日発表した4月の既存店売上高(速報)は、前年同月の実績と比べ7〜8割の減少となった。いずれも確認できる範囲で過去最大の落ち込みだとしている。新型コロナウイルスの感染拡大で政府が緊急事態宣言を発令し、ほとんどの店が臨時休業や営業の大幅縮小に踏み切ったため。

 三越伊勢丹ホールディングス(HD)が81.3%減、大丸や松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングが79.1%減、高島屋は74.7%減、そごう・西武は71.4%減だった。3〜4割減だった3月も過去に例のない落ち込みだったが、一段と悪化した。