上場企業の2020年1〜3月期の純利益合計が前年同期比67.3%減となったことが1日、分かった。新型コロナウイルスの感染拡大により事業環境が急速に悪化した。4月30日までに業績を発表した3月期決算企業199社をSMBC日興証券が集計した。

 東京証券取引所第1部の上場会社が対象で、全体の13.5%に当たる。新型コロナの感染防止に向けた行動自粛に伴い、航空、鉄道会社では赤字転落が続出。非製造業は純利益合計の減少率が76.7%、製造業も59.3%と落ち込んだ。

 東証の調べでは4月30日時点で2部などを含めて392社が3月期決算発表を当初予定から延期した。