航空各社は8日、ゴールデンウイークの4月29日〜5月6日、国内線の旅客数は前年同期に比べ95%減、国際線は98%減だったと明らかにした。