経済産業省がドライバーの人手不足や荷物の増加による「物流崩壊」を回避するため、トラックメーカーや運送会社と連携し、共同配送や混載を促す物流の効率化に乗り出すことが9日分かった。稼働中の車両が点検整備に入る時期などの情報を同業者で共有し、車両を融通しやすくするのが柱だ。新型コロナウイルスの感染拡大防止の外出自粛により、インターネット通販を中心に「巣ごもり消費」が急増しており、高水準にある物流需要対策を加速する。

 今回の対策は、経産省やトラックメーカー、運送会社、IT関連企業が連携する。