三菱重工業が11日発表した2020年3月期連結決算は、開発中の小型機「スペースジェット」の損失計上が響き、本業のもうけを示す事業損益が295億円の赤字だった。本業のもうけが赤字になるのは、00年3月期以来20年ぶり。新型コロナウイルスの影響を受ける21年3月期は事業損益、純損益ともにゼロの見通し。

 20年3月期はスペースジェット関連の開発費などで約2600億円の損失が出た。ただ、会計上、将来の税金還付を見込んで「繰り延べ税金資産」を計上したため、純利益は前期比21.0%減の871億円となった。