JR東日本、東海、西日本、九州のJR上場4社の2020年3月期連結決算が11日出そろい、4社全てが減収減益となった。新型コロナウイルスの感染拡大で新幹線利用者が減り、商業施設や物販、ホテルなどのグループ事業の売り上げ不振も足を引っ張った。

 この日発表したJR九州は売上高が前期比1.8%減の4326億円、純利益も36.0%減の314億円となり、16年10月の株式上場後初の減収減益。九州新幹線の運輸収入は4.8%減り、記者会見した青柳俊彦社長は「コロナの影響は経験したことのないようなものになった」と語った。