政府は11日、新型コロナウイルスの追加経済対策の取りまとめに向け、安倍晋三首相が週内にも2020年度第2次補正予算案の編成を指示する方向で調整に入った。中小企業の家賃補助のほか、雇用調整助成金の拡充や困窮する学生への支援も盛り込み、今国会中に成立させる。総額は数兆円規模とみられる。

 首相は11日午前の衆院予算委で2次補正に関連し「さらなる対策が必要だと判断すれば、果断に対応したい」と明言した。緊急事態宣言の一部地域解除について14日に政府判断を示すのに合わせ、指示する方針。

 自民党も11日午後、政調の会合を開き、追加対策の議論を本格化させた。