JR東海の金子慎社長は26日、静岡県庁を訪れ、リニア中央新幹線建設を巡って対立する静岡県の川勝平太知事との初会談に臨んだ。金子氏は6月中に静岡工区の準備工事に着手できなければ、予定の2027年開業が困難になると述べ、工事への同意を要請した。金子氏は「開業の期待を背負っている」と訴えた。川勝氏は慎重姿勢を崩していない。会談の行方次第で、計画は見直しを迫られる可能性もある。

 リニア建設を巡っては、南アルプスを貫くトンネルの掘削工事に伴い、大井川の流量が減少することを懸念する静岡県が建設に反対し、静岡工区が未着手となっている。