【ニューヨーク共同】30日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落して始まり、午前10時現在、前日比63.66ドル安の2万5532.14ドルをつけた。米南部や西部の州で新型コロナウイルス感染者が急増しており、感染症流行の第2波への警戒から売りが先行した。

 香港情勢を巡る米中対立激化も懸念された。ハイテク株主体のナスダック総合指数は49.42ポイント高の9923.57。