6月の国内新車販売台数は、前年同月比22.9%減の34万7371台だった。日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が1日発表した。9カ月連続のマイナスだが、減少率は5月(44.9%減)よりも縮小した。新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の解除を受け、新車販売に持ち直しの傾向がみられた。

 軽自動車以外の自動車(登録車)は26.0%減の21万4857台。統計のある1968年以降、6月として過去最低の販売台数だった。自販連の担当者は、新型コロナの流行「第2波」の懸念もあるため「どこまで回復基調が続くのか楽観視はできない」と語った。