週明け13日の東京株式市場は、新型コロナウイルス感染症の治療薬への期待感から前週末の米国株が上昇した流れを受け、日経平均株価(225種)は反発した。

 終値は前週末比493円93銭高の2万2784円74銭。東証株価指数(TOPIX)は37.82ポイント高の1573.02。出来高は約12億1591万株だった。