JR東海の金子慎社長は15日、名古屋市で定例記者会見し、予定しているリニア中央新幹線の2027年開業は困難とした上で、延期手続きをする場合は「次はいつにするのかという話とセットだ」と述べ、新たな開業時期の設定を模索していく考えを示した。一方でトンネル工事を巡る水資源の問題で静岡県と対立し、解決が見通せておらず「時間を置かないと(延期手続きは)現実的にはできない」と述べた。

 リニアは27年の東京・品川―名古屋間の先行開業後、37年にも大阪への延伸を目指している。金子氏は大阪までの全線開業の時期について「影響が出ることを懸念している」と述べた。