三菱重工業が3日発表した2020年4〜6月期連結決算は、純損益が579億円の赤字(前年同期は163億円の黒字)に転落した。子会社の三菱航空機が開発する国産初のジェット旅客機スペースジェット(旧MRJ)事業で、688億円の損失を計上したことが響いた。売上高は前年同期比15.4%減の7780億円だった。

 スペースジェット事業では、カナダ航空機大手ボンバルディアの小型旅客機事業の買収に伴う損失や、開発体制の縮小による人員削減費用を計上した。新型コロナウイルスの感染拡大は430億円の減益要因となった。