新型コロナウイルス対策でテレワークが増え、同僚とのコミュニケーションが減って孤独を感じる―。こうした課題を解決しようと、国内マスク最大手のユニ・チャームは7月から毎朝、在宅勤務を行う約2千人を対象にオンラインでのラジオ体操を始めた。「働いているのは自分だけではないと分かって安心できる」と社員の評判は上々という。

 午前8時。東京港区の本社にラジオ体操の音声が流れると社員が次々と立ち上がり体を動かし始めた。在宅勤務の社員もスカイプを使って参加。自身も週2日程度テレワークをする広報室の渡辺仁志さんは「体操をきっかけに雑談ができ、一体感が生まれる」と話す。