日清食品ホールディングスが5日発表した2020年4〜6月期連結決算は、純利益が前年同期比約2.1倍の120億円、売上高は13.9%増の1205億円と、いずれも4〜6月期として過去最高となった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う「巣ごもり需要」の高まりが追い風となり、日本や中国、米国で即席麺などの販売が伸びた。

 「カップヌードル」や「チキンラーメン」といった即席麺に加え、「日清もちっと生パスタ」など冷凍食品も伸長した。

 21年3月期は、売上高が前期比3.7%増、純利益は4.0%増とし、従来の見通しを据え置いた。