【パリ共同】日産自動車によるスペイン・バルセロナ工場の閉鎖方針を巡り、日産と労組は5日、閉鎖を当初予定した今年12月から来年12月に1年延期することなどで合意した。地元メディアが伝えた。

 バルセロナ工場は1983年に操業を開始。新型コロナウイルス感染拡大に伴う需要減で経営に打撃を受けた日産は5月に閉鎖方針を発表。労組側は反発し、工場でのストライキを続け、首都マドリードでもデモを実施した。

 労組側との合意を受け、日産はそれまで解雇を実施せず、従業員への補償に計約4億ユーロ(約500億円)の費用が見込まれることとなった。