トヨタ自動車が6日発表した2020年4〜6月期連結決算は、純利益が前年同期比74.3%減の1588億円だった。新型コロナウイルスの影響で世界的に販売が落ち込んだものの、原価の低減などで黒字を確保した。

 売上高は40.4%減の4兆6007億円だった。4〜6月期として減収、減益はいずれも4年ぶりとなった。本業のもうけを示す営業利益は98.1%減の139億円だった。

 同時発表した21年3月期の純利益予想は前期比64.1%減の7300億円。営業利益予想は5月に公表した79.2%減の5千億円を据え置いた。

 トヨタは今回の決算から国際会計基準(IFRS)を採用した。