【北京共同】米アップルが中国本土で生産能力を強化する方針だと、複数の中国メディアが6日までに伝えた。米中対立の激化によりサプライチェーン(部品の調達・供給網)が寸断されるリスクを防ぐ構え。トランプ米政権が中国企業の排除を図る一方、米産業界は巨大消費市場への依存度を高めそうだ。

 ニュースサイト新浪網などによると、広東省深セン市の中国企業が最近、スマートフォンiPhone(アイフォーン)の組立工場を台湾の受託製造大手ウィストロンから買収した。

 中国企業などはさらに、台湾系のアイフォーン関連部品の工場取得も進めているという。