【ロンドン共同】英国を訪問中の茂木敏充外相は6日、トラス英国際貿易相と貿易協定締結に向けた交渉を実施した。茂木氏は終了後、記者団に「議論の進展はあったが(交渉は)継続中だ」と述べた。7日も協議を続け、合意を目指す。

 茂木氏は「かなりの部分について事務レベルで意見の一致に至っている」と状況を説明。7日に大筋合意できるかどうかは「見通せないが、全力で交渉に当たりたい」と強調した。

 トラス氏も声明で「包括的な合意に向け、一段と(交渉が)前進した。年末までに妥結させるとの意思を共有している」と表明した。