【ニューヨーク共同】米グーグルは12日までに、基本ソフト(OS)「アンドロイド」搭載のスマートフォンを使って、地震の揺れを検知するシステムを世界的に構築すると発表した。検索サイトでの地震情報の提供や、スマホへの警報通知を展開する。

 アンドロイド端末は20億台を超えるとされ、グーグルは「世界最大の地震検知ネットワークを形成する」としている。

 ロイター通信によると、インドネシアや途上国では日本の緊急地震速報のようなシステムが整備されておらず、スマホベースの地震検知システムが期待されそうだ。