【ロンドン共同】週明け21日の欧州株式市場は主要指数が軒並み大幅下落して取引を終えた。新型コロナウイルスの感染が欧州各地で再拡大し、対策が強化され経済活動を抑制するのではないかとの懸念が広がった。ドイツ・フランクフルトのクセトラDAX指数は前週末から4.4%の急落となり、7月下旬以来の低水準となった。

 終値はロンドンFT100種株価指数が202.76ポイント安の5804.29。DAXは573.81ポイント安の1万2542.44だった。