日本百貨店協会が24日発表した8月の全国百貨店売上高は、既存店ベースで前年同月比22.0%減だった。7月の20.3%から減少率が拡大した。新型コロナウイルス感染拡大や猛暑で外出控えが続いた上、大型の催事や夏休みイベントを中止・縮小する店舗もみられて客足が鈍く、11カ月連続で前年を下回った。

 地域別では、主要10都市が26.1%減、10都市以外は11.2%減だった。8月の全店ベースの売上高は約3231億円。

 同時に発表した訪日外国人客による免税売上高は86.1%減だった。